まつ毛の付け根のできもの

顔の中でも眼の近くなどデリケートな場所に出来ると非常にやっかいです。眼の近くのできものというと、やはりものもらいが有名ですよね。ものもらいという呼び方が一般的ですが、医学的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と言います。麦粒腫はまぶたの汗腺やまつ毛の付け根などから細菌が感染し、炎症を起こした状態です。汚れた手で眼の周辺をこすったり寝具が不衛生だったりする事が原因で起こります。

 

麦粒腫の初期症状はまつ毛の付け根のかゆみです。最初は付け根のかゆみ程度だったものが、段々痛みを伴うようになり、できものも大きくなっていきます。また、まばたきをすると目が痛いといった症状も現れてきます。

 

麦粒腫によるできものが化膿し膿を持つこともあります。化膿が進行して腫れたできものが壊れ膿が出てくる場合もあります。膿が出てしまえば、その後症状は自然に回復していきます。だからと言って、自分で強引に膿を出そうとするのは危険ですので止めましょう。

 

麦粒腫は自然治癒するケースも多いですが、症状が重い場合は病院に行きましょう。治療は抗生物質の目薬で行われ、症状が重ければ内服薬、軟膏剤も使います。膿が大量にたまって炎症が酷い場合には手術が必要になることもあります。

 

ものもらいは人に感染するというイメージがありますが、そんなことはありません。麦粒腫はまぶた・まつ毛の周辺に入り込んだ雑菌が原因ですので、清潔な環境を保つのが一番の対策です。また、睡眠不足や疲労、季節の変わり目などにも麦粒腫は増えるので気をつけましょう。